みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

2019年(平成31年)韓国映画「22年目の記憶」

今日の映画鑑賞です。

本日の作品は、2019年(平成31年)に日本で公開された韓国映画、「22年目の記憶(原題;나의 독재자【私の独裁者】)です。

ちなみに、韓国では2014年に公開されています。

  

Amazon.co.jp: 22年目の記憶(字幕版)を観る | Prime Video

  

この映画で堂々の主役を張るのが、「殺人者の記憶法」などの代表作で知られるソル・ギョングです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210511003902j:image

 

時は1972年、38度線を境に睨み合う北朝鮮と韓国との間で南北首脳会談が行われることになり、そのリハーサルのために抜擢された売れない俳優、キム・ソングンソル・ギョング)。

彼に充てられた配役とは、北朝鮮国家主席であった金日成(現在の金正恩の祖父)でした。

 

f:id:yokohamamiuken:20210511003906j:image

 

韓国中央情報部の指導によって徹底的に役を刷り込まれ、洗脳とも言えるまでに完璧に金日成を刷り込まれたソングンは精神に異常をきたし、自らを本物の金日成だと思い込んでしまいます。

しかし、情勢は変わって金日成としての役は必要なくなり、そのまま釈放されてしまったソングン。

 

f:id:yokohamamiuken:20210511003912j:image

 

当時の韓国では共産主義北朝鮮というワードはタブーであり、自らを金日成と思い込んでしまった男は数々の波乱を起こし、息子のキム・テシク(パク・ヘイル)とも疎遠になってしまいます。

 

しかし、22年の月日を経て、ひょんなことからソングンは息子テシクと暮らすことに。

金日成になったままの父、詐欺まがいの商売をしながらも借金を膨らませた息子テシク、そこにテシクに付き纏っていた女性ストーカーのソン・ヨジョン(リュ・ヘイル)も加わって、ヘンテコな生活が始まります。

 

f:id:yokohamamiuken:20210511003856j:image

 

さて、期待した金日成の役柄ですが、一生懸命演じているのは分かりますが、ちょっと似てないんですねぇ 笑

個人のモノマネではなく、韓国中央情報部が肝いりで進めていた計画のわりに、本物の金日成とちょっと違ったなというのが正直な印象です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210511003919j:image

 

実際に北朝鮮の記録映画などに出てくる金日成の映像では、金日成が優しく微笑んでいる姿が多く、現実ではそれがプロパガンダのために作り上げられ、演じられた姿だとしても、ずっと怒ってばかりの金日成はちょっとイメージが違うなというのが正直な感想でした。

 

顔もちょっと違っていたし、ヒトラーの映画「最期の12日間」のように、もう少し役にはまった俳優がいなかったものかと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20210511003859j:image

 

 

また、金日成になり切るために拷問そのものの選抜試験をうけ、秘密任務として役の訓練を受けるソングンですが、時折自宅に帰って家族団欒をする機会があります。

韓国中央情報部は日本の戦前の特高警察のように冷酷非道なイメージがありましたが、そんなに簡単に秘密の任務につくものを自宅に帰したものか? ちょっと疑問に思ったのが正直なところです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210511003922j:image

 

極め付けは、すっかり精神に異常を来たして騒ぎばかり起こしている痴呆の老人となったソングンを探し出し、再び韓国大統領との会談のリハーサルに使おうという考え。

言い方は悪いですが、痴呆症の老人を所持品検査もせずに韓国大統領と会談させる。

しかも国家の一大事、韓国大統領にとっては一世一代の大舞台のために。 

そんなわけあるか!! 爆というのが、正直な思いです。

 

しかし物語の着想そのものは面白く、当時の北朝鮮と韓国の間で吹き荒れていた対南工作と滅共政策の、あまりにも不毛ないさかいとそれに翻弄されてきた人たちを取り上げた映画としては、コメディー要素も多分に含んで見応えのあるものに仕上がっており、その反面で「国民」に拷問を繰り返した韓国中央情報部の姿も映され、緊迫感のある作品にも仕上がっています。

 

また、この映画で闇金業者役として出てくるペ・ソンウは、以前に紹介した韓国映画にて、奴隷労働で搾取される知的障害者を演じていました。

弱者を追い詰める高利貸しと、弱者として追い詰められる奴隷労働者。

ここまで対極的な役回りを演じるとは、韓国映画界における名脇役と呼ぶにふさわしい人だなと思います。

 f:id:yokohamamiuken:20210511003916j:image

 

この映画は史実ではなく、あくまでも史実から着想を得たコメディー映画と呼べるものではありますが、見ておいて損はない1本と言えると思います。

  

 

 

映画を見放題で楽しむなら、動画見放題が だんぜん おススメです!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓