みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

【日本産】東京滝野川 トキハソース(濃厚&ウスター)(友人からの贈り物)

みなさん、ソースってこだわってます??

特に関東のあなた!! ソースってったら、やはりブルさん一筋ですよね。

 

f:id:yokohamamiuken:20210201225835p:plain
上段中央がブル連隊長

 

最近になってやっとイカリソース(大阪)とか、おたふくソース(広島)あたりのをスーパーで見かけるようになりましたが、関東ではまだまだブルさんが圧倒的なシェアを誇っています。

 

しかし、大阪など関西圏の大都市には町内に一軒はソース工場があり、その街の味があり、そして家庭の味でもあるんだとか。

 

みうけんは、関西にはほとんど行ったことがないので確かめようもありませんが、このソースの話は関西と関東の大きな文化の差なんだな、と思います。

 

そんなある日、東京出身東京在住の友人に横浜醤油かじめんをプレゼントしたことがあります。

 

どうせなら地元神奈川県産のものを、という気持ちでしたが、なんと東京産のお返しを頂いちゃったので、これはぜひともレポートしてみたいと思います!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210201221328j:image

 

その名前はトキハソース。

なんだそりゃ 聞いたことがねぇ!!

すっごいワクワクするら!!

 
 

こういう、よそもんにゃ聞いたこともないけれど、その土地その土地で愛されている。

いわゆる「ご当地モノ」を目の当たりにするとドキドキします。

 

 

f:id:yokohamamiuken:20210201221320j:image

 

トキハソースは東京は滝野川というところにあるらしいな。

どこそこ? →23区の北区というところらしいです。

つか、ストリービューで見るとソースの自販機が置かれているのにグッときます。

 

 

ラベルに誇らしく書かれた、「東京生まれ東京育ち」の活字。

ここで軽々しく「江戸っ子」とか言い出さないのが、また良いのよね。

東京生まれ東京育ちって、簡単な言葉のようで、最高の郷土愛を感ちゃう言葉なんだと思うのよ。

 

このソースを試したいがために、さっそく肉のハナマサに走って行って、豚ロース肉のカタマリを買って来て、カツレツを作りました。あんま美味しそうじゃないけど

 

f:id:yokohamamiuken:20210201221331j:image

 

 

まずはウスターさんから。

おぉあ、さっらさら!!

一瞬醤油かと思うほどだが、そういやウスターって基本サラサラだな。

まず口に広がる甘味とトマトのフルーティな香りとニンジンの甘さ。

からしっかりと香って来る、スパイスの刺激がカツレツの脂っこさを、ギュッと引き締めてくれています。



f:id:yokohamamiuken:20210201221324j:image

 

濃厚ソースも試しましょう!!

こちらはやはり、いくぶんかトロリとしています。

ウスターが甘味から来たのに対して、こちらはしっかりとした酸味を感じますね。

ウスターも濃厚も酢は入っていますが、きっと分量が違うのか。それともベースが酢の酸味を引き立てるのか。

こちらは、フルーティな野菜の味がよりはっきり活きていると思います。


f:id:yokohamamiuken:20210201221317j:image

総じて、関東で普通にいただくブルさんソースよりだいぶまろやかで、口当たりがよいソースだと思います。

その分、素材の味がハッキリ出るし、これをかける食材の味も殺さずにしっかりと活かすことが出来るんですよね。

 

これは、次回はお好み焼きで食べてみたいですね。

これを一度食べてしまうと、なかなか元の世界に戻るのは難しそうです。

次回は、是非ともお取り寄せしてでも食べたいソースであると思います!!