みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

大田区西蒲田の「你好 恵馨閣」でギョーザなど

蒲田は言わずと知れた餃子の町ですが、どのお店もなかなかクオリティが高いと思わせる中で、特に人気なのが「ニイハオ」でしょう。

 

京急蒲田の駅近くに本店をかまえ、プリプリの皮に肉汁をたっぷり含んだ羽根つき餃子が有名で、本店しかなかった時代から、もう20年以上も通っています。

 

「恵馨閣」は、蒲田駅西口から歩いて5分のところにあって、注文はタッチパネルだしお店が広いので家族連れ向けのお店です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210131222138j:image

 

このお店に来たら、何はともあれ外せないものがある。

それが、この「羽根付き餃子」(300円)なのです。安いなぁ。

見てよ、このパッリパリな羽根!! この餃子が来る前に、子らに「羽根だけ食うなヨ」と申し渡して、ブーイングを受けたのは言うまでもありません。

f:id:yokohamamiuken:20210131222142j:image

 

皮もっちもち。

アンほっくほく。

肉汁じゅっくじゅく。

もうね、多くを語る必要はありませんよね。これを食べるためだけに、蒲田に来たっていいくらいよ!!


f:id:yokohamamiuken:20210131222155j:image

 

やはり点心で攻めたいねと「チャーシューワンタンメン」(900円)です。

本場ではワンタンは点心扱いです。チャーシューとメンはともかく。

こちらはあっさりとしていて、誰にでも親しまれる無難なラーメンです。

ワンタンもつるつる、チャーシューはギュムギュムしていてなかなかよ。


f:id:yokohamamiuken:20210131222149j:image

 

「特製炒飯」(800円)はパッラパラ!! 

たくさん入っているのはニラですね。青ネギもあるのかな。このニラの強烈で容赦ないパンチ力が、全体の優しい味付けをギュギュギュっと引き締めるのですよね。

ちなみに辛さが選びますが、今回は子らも食べるので「不辣」でお願いしました。


f:id:yokohamamiuken:20210131222158j:image

 

「小籠包」(600円)も、是非とも試していただきたい逸品。

ここの小籠包は皮がしっかりしているので、せっかくの肉汁をこぼさなくてよいのがステキ。

やはり、小籠包の真骨頂は溢れ出んばかりの肉汁ですからね。

餃子ほどのコスパではないですが、この小籠包もなかなか捨てがたい乙な逸品ですよ。


f:id:yokohamamiuken:20210131222152j:image

 

蒲田といったら餃子。

餃子といったら蒲田。

まぁ、宇都宮だってあるんだけどさ。

個人的にはこの蒲田のニイハオが好みなのです。

 

近くに格安な駐車スポットも見つけたし、ぜひともまた利用したいお店です。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

【みうけんのオススメ本もぜひどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

你好 恵馨閣中華料理 / 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅
夜総合点★★★★ 4.0