みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区末広町の「敦煌」で重慶ホイコーロー定食

2011年11月以来の訪問です。

関内というか伊勢佐木モールの一本裏で、容赦ない旨さと辛さの四川風麻婆豆腐を食べさせてくれる、実に実力あるお店。

しかし、最近は近隣にも良い店が多くて、なかなか再訪の機会がなかったお店でもあります。

相変わらず店の前にみなぎるチャリたちよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20210125214928j:image

 

何故、この店に来たかというと。

ランチメニューに「重慶ホイコーロー」(800円)があるからです。

日本でみられるキャベツたっぷりのホイコーローというのは、陳健民先生が日本人向けにアレンジした似て非なるもので、もちろんそういうホイコーローも定食にありますが、先達さんの口コミでは「重慶ホイコーロー」は四川式の本格なホイコーローで、ニンニクの葉を大量にぶち込んで辛い辛いな逸品だということ。

これは試さないわけにはいかないぢゃないですか!!


f:id:yokohamamiuken:20210125214932j:image

 

で、注文してみた「重慶ホイコーロー」(800円)。

うん、予想通り期待通り・・・? キャベツたっぷり?

つか、ニンニクの葉なんてなくない?

 

f:id:yokohamamiuken:20210125214746j:image

 

やっぱニンニクの葉なんて入ってないじゃん!!

大量のキャベツと、ピーマンと肉。

味付けも、ぜんっぜん辛くないのね。

辛いのを期待していたから、拍子抜けしてラー油かけちゃったよ!!

かろうじて豆鼓がはいっているのが中華っぽいけど、これは明らかなる日式中華です。


f:id:yokohamamiuken:20210125214805j:image

 

ごはんは丁度良い炊き加減で美味しいんですが、いかんせんおかずが期待外れだったのでねぇ。

これは満足度が低いですね。


f:id:yokohamamiuken:20210125214752j:image

 

スープもね、豆腐とわかめの味噌汁ときたもんだ(藁

こりゃ日式だ。

せめて豆腐と玉子の鶏ガラスープにしてくれ!!

中華を食べにきた感がまったくないのだが!!


f:id:yokohamamiuken:20210125214811j:image

 

付け合わせにザーサイと冷や奴。

冷や奴かよっ! 

これで回鍋肉がサバの塩焼きなんぞになろうもんなら、完全に和食の定食になってしまいます。

 

ここは是非とも・・・ 中華なものをつけて欲しかったな。

北京ダックとは言わないからさ!! 春雨サラダとかでいいから!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210125214759j:image

 

あくまでも、重慶ホイコーローを食べにいきましたが、明らかに注文を間違えましたね。言って作り直してもらってもよかったんですが、時間がなかったのでこれはこれで頂きました。

 

こりゃ、次回は必ず重慶ホイコーローを食べねばなるまいよ。

かくして、再訪を固く誓って、これはこれで満腹になりながらシーハーと店を出たのでした。

 

※後記:後日、再訪のうえ間違いなく「重慶ホイコーロー」を注文したら、やはり同じものが出てきました。

明らかに日式ホイコーローですが、この店ではこれが重慶式なのでしょう。

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

敦煌四川料理 / 関内駅伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0