みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区長者町の「九州大分らぁめん たまがった 伊勢佐木町店」でらぁめん&高菜

中区長者町の通りに面した、一等地にありながらちょっと目立たない九州大分ラーメンのお店です。

この「たまがった」さんは首都圏に何店舗か展開しているチェーン店のようですが、ここ長者町のお店は早朝から深夜までやっているので、みうけんのような夜勤族にはありがたいお店で、仕事の合間にたまに立ち寄って冷えた体を温めています。

 

f:id:yokohamamiuken:20210110100744j:image

 

今回は、って言うよりいっつも同じオーダーですが、「らぁめん」(770円)に「高菜」(100円)をトッピング。やはり九州ラーメンには高菜ははずせません。

 

f:id:yokohamamiuken:20210110100736j:image

 

店外の食券機で食券を購入して、日本語が堪能な姐に渡せば(麺の硬さ指定にもよりますが)、とてつもない速さでの着丼です。

卓上には味変戦隊アレンジャー向けの品々も揃っていて、サーヴィスも満点!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210110100740j:image

 

まずはスープ。

うーむ、こってり。この豚骨感。これぞ九州ラーメンといった感じがします。

豚骨というと表面にガッツリと脂を浮かせるのかと思いきや、九州ラーメンって意外とそうでもないんです。豚骨の濃厚な旨味はしっかり感じるが、脂っこさは普通のラーメンなみ。

ここに高菜がガッツリ入っているから、余計にサッパリさせてくれます。

 

f:id:yokohamamiuken:20210110100732j:image

 

麺はとうぜん「バリカタ」でお願いしました。これも食べる方の好み次第ですが、みうけんはバリカタが好きです。食べ終わる頃には「固め」くらいまで変化するのも面白い。

量はちょっと少なめです。これは替え玉ありきの九州ラーメンならではですが、炭水化物を取りすぎるのも良くないので、これでいいのダ!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210110100728j:image

 

具材はしっかりした海苔が2枚。

トロトロにほどけるチャーシュー、そしてたっぷりの高菜です。

高菜はこのスープとの相性がとてもよくて重宝します。

さらに、ごまを入れて香ばしく、紅ショウガを入れてさっぱりさせるのも乙なもの。

 

f:id:yokohamamiuken:20210110100724j:image

 

このお店はとにかく営業時間が便利なので重宝します。

また機会があれば、夜勤の合間に、また夜勤明けの朝食にでも立ち寄らせていただきたいと思います。

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

九州大分らぁめん たまがった 伊勢佐木町店ラーメン / 伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅関内駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2