みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

神奈川区山内町 横浜中央卸売市場の「竹家食堂」で中おち丼

横浜中央卸売市場、青果棟内にある食堂です。

入っていくと、市場名物のターレーやフォークリフトが縦横無尽に駆け巡っているので、歩くのには充分注意が必要ですが、これぞ朝の市場!!という雰囲気を楽しむことができる穴場だと思いますよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20201229143131j:image

 

前回は「二色丼」をいただきましたが、マグロのすきみに混ぜ込んであるゴマ油や豆板醤などがどうも馴染めかったのです。

なので今回はリベンジという事で「中おち丼」(1000円)にしてみました。

 

こちらはゴマ油などは使っていないそうです。

やはりマグロはマグロの味で食べたいですからね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20201229143115j:image

 

まずは味噌汁をズズッて、胃の臨戦態勢をととのわせるのです。

う〜む、ダシがしっかりと効いたホッコリな味噌汁。

 

具材はわかめと豆腐がしっかり入っていて、これはバイクで寒空を駆け抜けた体をしっかりと温めてくれます。思わず、お椀をしばらく持って手を温めてしまいました。

 

きんぴらゴボウはジャキジャキで、甘辛のタレがご飯にあうね。

サラダは前回と同じレタスです。これはあってもなくても。

 

f:id:yokohamamiuken:20201229143118j:image

 

いよいよです。

中おち丼!!

ごはんが見えているので、中おちが少ないのかな?? と錯覚しますが、やはりここは市場めし。盛りがケチケチしていることなんて、ありませんよね。

 

そう、ここの中おち丼は中おちをピラミッド状に高く持っているのでこういう見え方をするのです。

 

f:id:yokohamamiuken:20201229143122j:image

 

広げてみると、見た目よりたっぷりなのが分かります。

完全にごはんを覆ってしまいましたね。

 

わさび醤油を回しかけて一口頂いてみれば、そのトロットロさ、あまりのウマすぎさに、しばらく無言になってしまいました。 

 

f:id:yokohamamiuken:20201229143126j:image

 

このお店はごま油を混ぜたネギトロが評価高いし、それは決して否定はしないんだけれど、個人的にはやはりごま油の味より、こっちが好みですねぇ。

 

豚でも牛でも、やはり一番美味しいのは骨付き肉であると思いますが、希少な本マグロの骨からこそげとった中おちですもの。

 

これが美味しくないわけがないんですよね。

やはり、こういう美味しいものは素材の味を楽しみたいところです。

 

ごはんは少し硬めで、この中おちの脂をよく受け止めています。

ご飯もたっぷりで食べ応えも充分!! さすがは早朝から働く漢(おとこ)たちの胃を満たす市場メシだけありますね。

 

もう、観光客向けの築地だなんて行く気にはなりません。

このお店は、また機会があれば是非とも再訪したいと思います!!

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

竹家食堂定食・食堂 / 神奈川駅京急東神奈川駅東神奈川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5