みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

【パキスタン産】Mehran ボンベイ・ビリヤニ・マサラ(Stop & Shop Japan)

ある日晴れの日、横浜は伊勢佐木モールわきにあるハラルフードとアジア食材のお店、「Stop & Shop Japan」に立ち寄りました。

今まではハラルフードを買う時は野毛の某店に行っていましたが、店主がテキトーなのでせっかく行ってもやっていない事が多いのと、仮にやっていても店主が塩対応すぎて、足を運ぶたびに萎えるので最近はこちらか綱島のAGMトレーディングに足を運んでいます。

 

f:id:yokohamamiuken:20201124194610j:image

 

さて、今回のお目当てはこちら。

ボンベイビリヤニマサラです。

ボンベイというのはインドの沿岸にある巨大都市で、米料理が名物。

その中でも野菜、トマト、肉を煮込んでヨーグルトで仕上げた薫り高いカレーを、長~いお米であるバスマティライスでサンドイッチして蒸し、最後に混ぜたのがこのボンベイビリヤニなのです。


f:id:yokohamamiuken:20201124194558j:image

 

本当は、いつもはShanというメーカーのものを使っています。

まぁ、使い慣れているものが味もレシピも分かっていますからね。

 

 

しかし、このお店は店主の感じはいいものの品ぞろえはいまいち。

やはりShanのものはありませんでした。

しかし、Mehranという別メーカーのものは見つかったので、代わりにMehranのものを買い求めました。

 

裏にはきちんと材料が書かれています。

しかも絵付きで親切だな!!


f:id:yokohamamiuken:20201124194602j:image

 

作り方も書かれていますが、英語ばかりで読むのがしんどいことこの上ない。

そこで、Youtubeで「Mehran Bombay Biryani Masala」で検索して、レシピ動画を見つけました。

以後は、このレシピ動画を参考に自己流で作っていきました。

 


Mehran Bombay Biryani Recipe

 

まずは、何をおいても玉ねぎです。

インド料理のカレーには玉ねぎがないと始まりません。

たっぷりの油を北京鍋に熱し、ひたすら炒める!!

玉ねぎがキツネ色になるまで、休むことなく炒め続けます。


f:id:yokohamamiuken:20201124194606j:image

 

途中、骨付きの鶏肉を投入。

今回は鶏の手羽を使用。本当はドラムスティックなんぞ使いたいけれど高いし、なかなか売ってないからね!!

この鶏肉もコンガリと炒めます。


f:id:yokohamamiuken:20201124194551j:image

 

トマト缶をガバー、プレーンヨーグルトもザバー、マサラを一袋ぜんぶ、おろしにんにく、おろししょうがブチュー、そして青唐辛子を丸のままポイポイッと。

テキトーを地でいくおおらかなインドのレシピ。

雄渾に流れるガンジス川の悠遠さのよう。

 

このまま鶏肉がホロホロになるまで、焦げ付きに気を付けながら煮込みます。

圧力なべを使ってもいいかもね!!!


f:id:yokohamamiuken:20201124194555j:image

 

2時間も煮込めば、鶏肉もホロホロになって骨離れしやすくなります。

これをこのままカレーとして食べるのも美味しいのですが、今回はビリヤニなのでこれで終わりではありません。

しっかし換気扇をガンガンに回しても、町内がパキスタンになってしまうほどの鮮烈な香りです。

近所迷惑ですいません。

 

f:id:yokohamamiuken:20201125081652j:image

 

ところ変わりましてバスマティライス。

たっぷりのお湯を沸騰させまして、グラグラ煮立った中に生のバスマティ米をザザーと入れます。

最初は沸騰が弱くなるので、ふたたびグラグラするまでターナーでかき混ぜ続けます。

こうして10分間ゆでます。


f:id:yokohamamiuken:20201125081631j:image

 

ゆでた後はお湯を捨ててしまうので、お湯の量はだいたいでオーケー!!

「なるべくいっぱい」程度の気持ちでいきましょう。

10分も茹でれば、細くてシュッと針のように尖っていた米粒が、ブツ切りしたそうめんのような形状に変わっていきます。


f:id:yokohamamiuken:20201125081628j:image

 

一度バスマティ米を大ザルにあけ、三分の一くらい鍋に戻す。

そこにカレーを敷いて、刻んだ生パクチーをトッピング。

さらにその上からまた米を三分の一のせ、カレーをのせ・・・


f:id:yokohamamiuken:20201125081643j:image

 

バスマティライスでカレーをサンドイッチしていく感じですね。

ぜんぶサンドしたら、フタをして中火~弱火で10分蒸します。


f:id:yokohamamiuken:20201125081640j:image

 

蒸しあがったら、余計な水分を飛ばしながら全体をよく混ぜて完成です。

これをインド人やパキスタン人が見たら「ぜんぜん違う!!」というかもしれませんが、いちおう「みうけん式ボンベイビリヤニ」ということで・・・。


f:id:yokohamamiuken:20201125081647j:image

 

ごはんはふっくら、しっかりとカレーがなじんで所々にほぐれた鶏肉がなじんでいます。

 

鶏肉はすっかり骨からはがれて、骨だけがあちこちに散らばっていますが、これがまた現地っぽい。

 

かつてパキスタンで食べたカレーも、こうして肉と骨がバラバラに入っていて、骨髄をすすって食べたりしたものです。


f:id:yokohamamiuken:20201125081635j:image

 

とても薫り高く、スパイシーながら色んな複雑な美味しさがあるビリヤニができました。

細君もなかなか美味しいと言って食べてくれています。

これは簡単だし、材料費もそんなにかからないしで是非ともリピートしたいレシピではありますね。

 

皆さんもぜひ、お試しを!!