みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

【当店食べログ初クチコミ】千葉市美浜区豊砂 イオンモール幕張新都心の「Moff animal cafe イオンモール幕張新都心店」でモフモフ

千葉市美浜区豊砂、巨大なる「イオンモール幕張新都心」のファミリーモール3階にある喫茶店

茶店と呼んでいいのかわからないけれど、いちおうソフトドリンクバーがついています。

 

このお店の名前は「Moff animal cafe」。

モフだなんてさ・・・ トリ好きにはなんという魅力的なネーミング。

羽毛がフサフサと呼んでいるのが目に浮かんでくるからヤヴァいわ!!

 

f:id:yokohamamiuken:20201122224304j:image

 

日によっては90分制です。

料金はソフトドリンクバーつきで1280円+税。

中で課金アイテムを買いたい人は、あらかじめここで両替しといてくれよな!!


f:id:yokohamamiuken:20201122224234j:image

 

ソフトドリンクバーって、これね。

まぁ、なんというか… 飲食店という体裁をつくろうための物ってことが露骨に表れています。

 

これって、思い出すわ。

横浜のガード下で小さな小料理屋がずらりとならぶ異様な光景。

そこでは料理なんて出てこなくて、せいぜい缶コーヒーくらいしかないという不自然さ。

そこに来る客の目的は、やはりモフモフでした。

みうけんはいつも近くを通りかかっていたけれど、あれはあれで横浜の光景でしたよ。

f:id:yokohamamiuken:20201122224256j:image

 

閑話休題

店内に入ると、もう羽毛のオンパレードです。

当然おさわりOK。店内の至る所で、トリ好きな人たちがとろけています。

その手にはもれなく小鳥たちがいて、ナデナデされまくってウットリしている姿。

楽園か!!


f:id:yokohamamiuken:20201122224259j:image

 

フクロウやコザクラインコにだって触れるのよ。

ふつうは眺めるだけなのよね。

ここのは無制限さわり放題なんです。

ただし、機嫌悪い子にハァハァするとフシャーされるから気を付けよう。


f:id:yokohamamiuken:20201122224308j:image

 

ヒヨッコたちもたくさんいます。

店内では小さなカップに入った餌が売られていて、それを持つだけで大人気になれます。

みうけん家ではこれを「課金」と呼んでいますが、ゲームで課金しちゃう人の気持ちが分かってしまうのが怖い。


f:id:yokohamamiuken:20201122224315j:image

f:id:yokohamamiuken:20201122224242j:image

 

子供達にはモルモットが人気でした。

これらもきちんと触ることも、抱っこもできます。

うちの子はモルモットが大好きなようで何度もとっかえひっかえ触っていました。


f:id:yokohamamiuken:20201122224319j:image

 

たまに亀が歩いているから、踏んづけないようにしましょう。

亀にも課金できます。あまりしてる人いなかったけど。

たまに、こうして巡回しては餌をくれる人を探しているかのようです。


f:id:yokohamamiuken:20201122224249j:image

 

他にも蛇、トカゲ、イグアナ、ウサギ、ハト、セキセイインコなどに触ることができました。

しかも回数無制限!! 制限時間いっぱいまでコザクラインコを揉みしごくというのもアリですね。

 

ここは楽園です!

店員さんも若い女性が多いので対応が柔らかです。

次回は100円玉を大量に持って、課金前提で行きたいと思います。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

Moff animal cafe イオンモール幕張新都心店カフェ / 新習志野駅海浜幕張駅
昼総合点★★★★★ 5.0