みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区長者町の「ゆで太郎 長者町店」で朝そば

長者町1丁目の交差点角にある「ゆで太郎」さん。

このお店は前々からありますが、なかなか行く機会もなく。

でも個人的にはゆで太郎さんは、こういった格安そばチェーンの中でも好きなお店のひとつです。

今回は朝ごはんを食べそびれたので、ちょっと寄らせていただきました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200914104514j:image

 

今回の注文はズバリ!! 「朝そば」(360円)です。

温・冷と、生卵・温泉卵が選べます。今回は温かいそばに、生卵でお願いしました。

なんと、野菜のかき揚げが1つついて来ます。

これで360円はコスパ良いなぁ!!


f:id:yokohamamiuken:20200914104527j:image

 

そばは、しっかりとしたかつおだしのつゆと、そばらしいそば。

麺もしっかりとうまいな!!

池波正太郎先生から「そば食い」と呼ばれるほどには、そばは極めてないのであまりウンチクは書けませんが、このお蕎麦はだれが食べても安心して頂ける、ベスト・オブ・そばだと思います。


f:id:yokohamamiuken:20200914104506j:image

 

ゆで太郎さんは、どちらかというと更科に近いそばですね。

つゆの色で多少茶色みがかかっているものの、麺がきれいな白色をしています。

みうけんはそばの香りが濃い田舎そばが好きですが、こうして食べてみると白っぽい更科そばも良いなぁと思います。


f:id:yokohamamiuken:20200914104522j:image

 

かき揚げは玉ねぎとニンジン。

大きさも大きすぎず、小さすぎずでちょうど良いのではないでしょうか。

キリッとダシの効いたつゆに浮かぶ油が、空腹の胃にこれでもかと元気を与えてくれますねぇ。


f:id:yokohamamiuken:20200914104530j:image

 

ここに卵を割りいれたら、ズズッとすするこの瞬間。

360円で頂ける小さな幸せです。

きっと、天皇陛下や総理大臣のセンセイがたは、こういうものを召し上がることはないのでしょうけれど、庶民には庶民のシアワセというものがあるのですねぇ。


f:id:yokohamamiuken:20200914104511j:image

 

朝早くからシアワセになれる、360円のゼイタク。

これはゆで太郎さんの真骨頂だと思います。

他にも小じゃれた季節限定のメニューなども充実しているし、これからもゆで太郎さんにはお世話になると思います。

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ゆで太郎 長者町店そば(蕎麦) / 伊勢佐木長者町駅石川町駅関内駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5