みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

吉田町の「ゆいまーる」で沖縄料理いろいろ

戸塚駅から舞岡熊野堂へ向かう道すがら、吉田町のバス停のところにある沖縄料理のお店。

体裁は居酒屋なんですが、お子様連れもたくさん来ています。

このお店はみうけん家の御用達なんですが、なんといっても御座敷席があるのが良いですね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200224215523j:image

 

この日もお店は満員御礼。

うちは前日から席予約をしていたのでスルリと入れましたが、その後は何組も断られていました。週末などは予約必須ですよ!!

まずはお通し。紫イモの揚げ菓子と、ミミガーの煮凝りでした。

優しい味で美味しいんですが、このお通しは何気に財布には優しくないです。

 

f:id:yokohamamiuken:20200224215443j:image

 

子供用ドリンク、「ルートビア」(360円)。

関東ではあまり見かけない、アメリカの飲み物ですよね。

ど~~~~もねぇ、みうけんは理解できない味なんですが、子供らは好きなんですよね。例えて言うなればサロンパスの味というか・・・食べ物の味じゃないです。

アメリカ人は緑茶を「科学的な味」と言うそうですが、こっちの方がよっぽど不自然な味だわ!!

これも、いちょう団地のベトナム食材店とか行けば140円くらいで手に入ります。


f:id:yokohamamiuken:20200224215622j:image

 

みうけんの好物、「足てびち」(750円)。まぁ豚足です。

煮る、焼く、揚げるだっけな? 3種類の食べ方から選べますが、やはりてびちは「煮る」しかないでしょう!!

トロトロぷるぷるで実にうまい!!

これはコッテリとして濃いめの味付けで、いくらでも食べられてしまいます。

いままで食べたのはだいたいコンブベースの薄味でしたが、こちらの足てびちは醤油味がけっこうしっかりした味付けです。ごはんが欲しくなる!!

f:id:yokohamamiuken:20200224215452j:image

 

「ソーキそば」(700円)。

優しいだしを効かせた沖縄そば。つゆに投入された海苔だかアオサだかが良い味を出しています。

子供が食べることを想定して、紅ショウガを別添えにしてくださいました。

こういう細やかな気配りにホッとします。

ソーキは軟骨ソーキです。これがよく煮込まれていてトロトロプルプル!!

やはりソーキは軟らかく煮た軟骨ソーキですよね^^

f:id:yokohamamiuken:20200224215602j:image
f:id:yokohamamiuken:20200224215513j:image

 

変わり種のメニューで、「西表島のイノシシボロネーゼ」(1000円)。

小サイズであれば780円だそうです。一見して牛肉かと思ってしまうかのような、しっかりした食感の肉。これがイノシシの味かー。

ソースもコクがあって美味しいよねぇ。麺はパスタではなく沖縄そばの麺、というのも面白い。

沖縄そばにはこういう食べ方もあるんですねぇ。

f:id:yokohamamiuken:20200224215439j:image

 

「A&W風カーリーフライ」(L:550円)。

Mサイズだと360円。また、+100円でチーズソースも付けられます。

これは何てことない、くるくるになったポテトフライでそんなに珍しいものじゃないですが、これは危険だね!

こんなの出されたら酒がクイクイいけちゃうじゃんか!!

f:id:yokohamamiuken:20200224215543j:image

 

海ぶどうとゆし豆腐のサラダ」(600円)。

普通に海ぶどうを頼むなら、こっちの方がコスパに優れています。これも海ぶどうがたくさん入っていますよ!!

ゆし豆腐とは、にがりを入れて固まりはじめた、型に入れる前のふわふわした豆腐のこと。これを固めれば島豆腐になるのですが、沖縄では沖縄そばの具にしたりしますよね。

柔らかい食感で、優しい味わいでみうけんの好きな味です。

やっぱり四十路を越えたら野菜ですねぇ。


f:id:yokohamamiuken:20200224215507j:image

 

「ウベアイス」(250円)

ウベとはフィリピン語でだいじょ(紅山芋)のことで、紅芋よりも粘りがあり鮮やかな紫色とまろやかな風味が特徴的な味わいです。


f:id:yokohamamiuken:20200224215532j:image

 

カリカリプリン」(450円)は、なるほど確かにカッリカリ!!

中はしっかりとトロトロなのに、外側はカリッと焼かれたカラメルが乗っていて食べごたえは十分にあります。

値段は張りますが、仕上がりも満足感は高いです。


f:id:yokohamamiuken:20200224215635j:image

 

この日は、これだけ食べてお会計は9000円程度。

まぁ決して安くはないのでしょっちゅうは行けませんが、たまに行くならいいと思います。

また機会があれば利用させていただきたいと思います。

 

備忘録としてメニュー写真を載せておきます。

 

f:id:yokohamamiuken:20200224215730j:image
f:id:yokohamamiuken:20200224215653j:image
f:id:yokohamamiuken:20200224215726j:image
f:id:yokohamamiuken:20200224215645j:image
f:id:yokohamamiuken:20200224215722j:image
f:id:yokohamamiuken:20200224215716j:image
f:id:yokohamamiuken:20200224215705j:image

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ゆいまーる沖縄料理 / 戸塚駅舞岡駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7