みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

日野の「環2の麺処 あさ川」でら〜めん(醤油)

環状2号線から微妙に入ったところに出来たラーメン屋さん。場所が微妙な上に駐車場もない、皆さん歩きかチャリで来いや!という強気な立地です。

以前は「しらしん軒」がありましたが半年もちませんでしたね。

 

f:id:yokohamamiuken:20200210161351j:image

 

真っ黄色の看板に黒い太文字。

なんだか、とある有名店のインスパイアを彷彿とさせる外観で、心までマシマシしてきます。

しかし、こちらは魚介系がウリなラーメン屋さんだそうで。

前々から来たかったんですが、なかなか機会に恵まれませんでした。

 

店内は、カウンターのみ。

「しらしん軒」時代と大差ないようですね。「しらしん軒」で使われていた食券機もそのまま残っています。

そして、メニューはいろいろあるわけです。


f:id:yokohamamiuken:20200210161408j:image

 

今回は「ら〜めん(醤油)」(700円)に、「味玉」(100円)トッピングと行きましょうか。

お代は注文時に手渡し。払ってから気づいたんですが、PayPay使えますのね。

 

待つ事5分、豪快にチャーシューを炙っているなと眺めていたら着丼です。


f:id:yokohamamiuken:20200210161401j:image

 

なっるほど、どっしりと魚介が効いたスープ。

醤油を引き立て、醤油は魚介を引き立てます。

最初の一口は、うまいなぁ〜というより濃ゆいなぁ〜という印象。

これが、最後には個人的にはクドさになって来るわけです。


f:id:yokohamamiuken:20200210161405j:image

 

麺は細麺の極ストレート。

シコシコ歯応えがすごいですね! これと同じような麺は、どこかで食べた事があるんですよ。

残念ながら何処だか思い出せませんが。


f:id:yokohamamiuken:20200210161358j:image

 

チャーシューは、しっかり炙ってあります。

鶏むねのチャーシューは口当たりが柔らか。

絶妙な塩気がうまくて、これはなかなか。

 

バラロールのチャーシューは、良く言えば、食べ応えがしっかり。肉の食感がしっかり。

悪く言えば、固くてスジっぽくて歯に挟まる挟まる。

 

味玉はトロトロで、下味がしっかりしています。


f:id:yokohamamiuken:20200210161354j:image

 

あとは、海苔とシナチク。

 

うーむ、しかし食べ進めていくとクドくなってくるのは皆さんどう思ってらっしゃるのか。

焦がしから来るのか? スープを飲み進めていると、エグみや苦味も相当に気になります。

 

この濃さは、余程疲れた時には良いかもしれませんが・・・

まぁ個人的には好きではないんですが、お客さんは後から後からやって来るので、一定の支持は受けているようです。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

環2の麺処 あさ川ラーメン / 上永谷駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5