みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

【韓国産】オットゥギ プチムカル(チヂミの粉)(ソウル市永登浦区ヂンロマート)

令和元年10月にちょいっと韓国に行ってきたのですが、その時に立ち寄ったのがこちら。

地下鉄1号線ヨンドゥンポ(永登浦)駅近くにある、ヂンロマートという24時間営業のスーパーです。

 

f:id:yokohamamiuken:20191210215850j:image

 

韓国でいえばスーパーはeマートやロッテストアなどが有名ですが、それらはやたら広くてですね・・・ 実をいうと、ちょっと苦手だったり。

このヂンロマートは昔ながらの町のスーパーなんですが、広すぎず狭すぎずでだいたいのものはここでそろいます。


f:id:yokohamamiuken:20191210215855j:image

 

今回購入したのは、오뚜기(オットゥギ)というメーカーのチヂミの粉。

オットゥギとは韓国で起き上がり小法師の意味です。倒れても倒れても起き上がる、日本でも縁起のいい例えになっています。

こちらの商品、オットゥギ・コリアン・パンケーキミックスとありますがチヂミはパンケーキって言うべきなのか・・・


f:id:yokohamamiuken:20191210215911j:image

 

袋の裏面には丁寧に作り方が説明されているし、袋はチャック式なので使いやすい。

そして、安いし韓国であればだれでも知っている定番商品ですから安心して使えます。


f:id:yokohamamiuken:20191210215915j:image

 

原材料を見てみましょう。順番通りに

小麦粉(オーストラリア産、アメリカ産)、砂糖、精製塩(国産)、でんぷん加工品(タイ国産)、モチ米粉末、じゃがいもでんぷん、グアーガム、調味たまねぎ粉末、ベーキングパウダー(酸度調節剤、でんぷん)、にんにく抽出粉末、こしょう粉末、ビタミンB2

という事で、あまり変なものは入っていないようですw


f:id:yokohamamiuken:20191210215907j:image

 

本当はチヂミの粉であることは先ほど申し上げた通りですが、ほかにもいろんな使い方があります。

今回はナント、フライドチキンの衣にしてしまいました!!


f:id:yokohamamiuken:20191210215904j:image

 

鶏肉を牛乳、卵、塩コショウを混ぜたものに漬けこんでから、粉には塩、オールスパイス、粉末コンソメを混ぜてまぶして揚げるだけ。


f:id:yokohamamiuken:20191210215918j:image

 

見るからに美味しそうで、サクサクしっとりに仕上がりました。

これはなかなか奇抜的な発想ですよ!! って、小麦粉を買い忘れたから代用しただけなんですけどね。


f:id:yokohamamiuken:20191210215859j:image

 

今回はチヂミの粉なのにチヂミを作らなくて申し訳なかったのですが、次回はぜひともチヂミを作って家族で楽しみたいと思います。