みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

品濃町の「麺家 鶏豚大将 横浜東戸塚店」で鶏らーめん醤油

JR東戸塚駅近くにある家系インスパイアのお店。ふつう家系は豚骨を煮込みますが、こちらは鶏ガラを煮込んだという事で、同じようなコンセプトの店は港南区の「ちゃっちゃか」が有名ですね。

 

f:id:yokohamamiuken:20190920164158j:image

 

店内はカウンターのみ。

注文はもちろん「鶏らーめん醤油」(690円)です。トッピングに「のり」(100円)を追加。

注文は口頭ではなく、食券機です。

好みを聞かれますが、すべて普通でお願いしました。

 

スープは「南国元気鶏という鹿児島県産の高品質な鶏をふんだんに使い、上品な旨味と独特なとろみが特徴の鶏ガラのみで仕上げたもの」だそうです。


f:id:yokohamamiuken:20190920164147j:image

 

先客はいなかったので、5分くらいで着丼。

丼がだいぶ小さいなあ。


f:id:yokohamamiuken:20190920164153j:image

 

まずはスープから。

スープは麺が浸るくらいは入っていますが、丼が小さいので量がだいぶ少ないです。

かなりとろみが強い、というよりもドロドロなスープは濃厚さはあるけれど上品な旨味という感じではなく、醤油の濃さはちょうど良いながらすぐに飽きてしまうほどクドいスープでした。

 

麺は大橋製麺の箱に入った麺。

麺は太くてモチモチでスープをよくすくいます。しかしスープの濃厚さに負けているような気もします。

もう少しスープは薄くて良いので、量が欲しいところですね。


f:id:yokohamamiuken:20190920164150j:image

 

のりは8枚あり、しっかりとした海苔です。

チャーシューは実は鶏のもも肉。てりやきのような食感で悪くはありませんが、ウリにするにはインパクトは弱いかな。

あとは家系らしくほうれん草です。

 

決して味は悪くないですが、このお店のウリである「とろみのあるスープ」が個人的には合いませんでした。

それでも、好きな人からは支持を受けているようで、これからも発展していって欲しいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

麺家 鶏豚大将 横浜東戸塚店ラーメン / 東戸塚駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5