みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

弥生町の「濱龍」でとんこつ醤油ラーメン

大通り公園沿い、いつも行ってる蘭州牛肉麺屋さんの隣にあるラーメン屋さん。

 

f:id:yokohamamiuken:20190918215012j:image

 

いつもは蘭州牛肉麺に行きますが、ああ真隣で真っ赤な灯りを煌々とつけてられちゃあねぇ。

気にならないわけがないでしょう。

ちなみに今日は蘭州牛肉麺はお休みのようね。

 

f:id:yokohamamiuken:20190918214951j:image 

 

店内はシンプルにカウンターのみ。

ご高齢のマスターが1人で切り盛りされています。この日は先客はありませんでしたが、店内にはファンによるチャーハンの薀蓄など張ってあって、なるほど根強いファンはいるようです。


f:id:yokohamamiuken:20190918215009j:image

 

今回はアッサリと「とんこつ醤油」(500円)ラーメンにしましょうか。

マスターに注文を伝えて5分くらいで着丼です。


f:id:yokohamamiuken:20190918215003j:image

 

まずはスープから。

けっこうな油が浮いていますね。

タレは醤油7・豚骨3といったところでしょうか。家系とは違った味わいで、あくまでも醤油が強め。豚骨のコクは後から感じます。

通常の醤油ラーメンとも、博多のような豚骨ラーメンとも、家系ラーメンとも違う独自路線をいくラーメンです。

 

麺は家系に近い麺。

家系よりもさらに太くてモチモチな麺です。

スープとの相性がすこぶる良いのは嬉しいところで、量もシッカリあって太麺好きにはたまらないでしょう。


f:id:yokohamamiuken:20190918215017j:image

 

具はもやし、しなちく、チャーシュー。

あまりパッとしない具ですが、500円という価格を考えれば妥当じゃなかろか。

 

もやしはシャキッとしており優しい味わい。

いっぽうシナチクは濃い味で、アクセントになっています。

チャーシュー小さくて薄いチャーシュー。

でも味はなかなかです。

これは肉好きな人には物足りないでしょうが、そういう人は「チャーシューメン」(700円)を注文すれば良いと思います。

それでも安いですよ。

 

東京23区ではただのラーメンで800円とか当たり前ですからね。東京っておっかないやね。

 

こちらは色々と独自路線を突き進んでいるラーメン屋さんですが、味やコスパで見れば決して悪くないと思いますよ。

次回は御自慢のチャーハンなども試してみたいですね。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

濱龍ラーメン / 伊勢佐木長者町駅阪東橋駅日ノ出町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3