みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

沼目の「ラーメンショップ 沼目店」でラーメン

沼目の交差点の前、ずっと前はコンビニだったところです。セブンだったかな?

比較的最近できた新しいラーショで店内もきれい。マスターもやる気ムンムンで、やはりラーショの良い所は朝早くから営業している事ですね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20191019134818j:image

 

店内にはカウンターがたくさんあり、四人がけテーブルもあります。

元コンビニだけあって駐車場も広く、仲良さげな家族連れが朝からラーメンをすすっている姿も見かけるな。客層がガテン系だけではない、というのはラーメン屋さんにとっては大切な事ですね。

 

さて、食券機で「ラーメン」(600円)の食券を購入。

好みが選べるらしいんですが、やはり「ぜんぶ普通で!」というのがみうけんでしょう。

手際よくチャッチャと作っていただき、手際よくスッと着丼です。


f:id:yokohamamiuken:20191019134802j:image

 

まーずーは、スープから。

一口飲めば、う~~~ん。醤油の塩気よりも豚骨のコクと油のこってりさが勝っています。塩気が足りない方には、卓上にカエシが用意されてましたが。みうけんはこのままでいいと思います。

きっと、これだけで相当な塩分量なんですけれど、これを適度な塩気ととらえてしまう自らの下衆な舌を呪いますわ。

寸胴に積まれるようにして投入された豚骨がしっかり煮出されて、実に滋味深きながらも背徳感たっぷりのスープです。

 

麺は、平ザルで手際よく湯切りされた麺。平ザルのカエシ方が絶妙でした。

麺は中くらいの太さの、ストレートシコシコ麺です。最初はバリカタな芯を少し感じるんですが、それがまたうまいんだな。

f:id:yokohamamiuken:20191019134812j:image

 

他の具材はのり、わかめ、チャーシュー2枚といったラインナップなんだけれど、チャーシューは少し塩気が強めなんだよね。

赤身のみのチャーシューは少し固くて、良く言えば肉の食感がしっかりとあり、悪く言えば固くてスジっぽい。

 

何にしても、朝からやっているのはありがたいですし、たまに会いたくなるこの薄い丼に出会える店が増えたのはありがたい事です!!

 

f:id:yokohamamiuken:20191019134808j:image

 

また機会があれば是非とも再訪したいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ラーメンショップ 沼目店ラーメン / 伊勢原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5