みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

楠町の「萬進楼」でニラレバ定食

横浜駅から北側に行った浅間下交差点のすぐ近く。

あんな幹線道路から一歩入った所とは思えない、静かで細い路地を入った所にある街中華で昭和20年創業らしいですよ。なるほど見た感じに威厳と風格が感じられるような気もしなくもないです。

 

 

f:id:yokohamamiuken:20190903120412j:image

 

ま~、それにしてもこの辺りの道路の狭いこと。ほとんど一方通行ですからね。

原付だったらエンジン切って押して歩けば一方通行だろうが歩道だろうが通れるけれど、この立地は車では来る気はしないです。事実バンが曲がるのに苦労してましたね。

 

あ、店内はテーブルのみの構成。

壁に貼られたメニューといい、テーブルの使い込まれようといい、イ~イ風情を出しています。


f:id:yokohamamiuken:20190903120408j:image

 

今回は白いご飯が食べたかったので、「ニラレバ定食」(750円)にしましょう!

ごはんは大盛りか普通が選べるのですが、糖質を気にして似合わない普通コールでお願いしましたよ。

つか、普通でもごはんはけっこう盛りがいいです。


f:id:yokohamamiuken:20190903120429j:image

 

まずはニラレバから。

う~~ん、とろみがしっかりとあり見た目もツヤツヤ。

片栗粉が多めなんでしょう、あんかけ状態になっておりアッツアツです。

もやしがたっぷり入ったニラレバですが、こってり味なのでごはんもススム君。

わきに添えられた辛子がいい仕事をしてくれます。


f:id:yokohamamiuken:20190903120420j:image

 

ごはんは普通盛り。

それでも充分すぎましたね^^ 白いご飯が艶々で、実に美しいなぁ。

炊き加減もふっくらでなかなか美味。レバニラとの相性が良くないはずがありません。


f:id:yokohamamiuken:20190903120417j:image

 

スープは、かつおだしを強く感じる味付け。

鶏ガラはあっさりで、なかなかしみじみと旨いしょうゆ味のスープです。


f:id:yokohamamiuken:20190903120423j:image

 

このお店は麺類も美味しそうですね。

ただし、お昼時などはタバコの煙がモクモクなのが玉にきず。 

次回はワンタンメン狙いで来るのもいいかな、とプリプリなレバーをかじりながら思ったのでした。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

萬進楼中華料理 / 平沼橋駅横浜駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7