みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

仙石原の「銀の穂」で鮎釜めしなど

箱根は仙石原の別荘地にある釜めしのお店。

普段はなかなか行く事がない仙石原のなかでも、この辺りではけっこう人気のあるお店のようです。

 

f:id:yokohamamiuken:20190805222451j:image

 

まずは釜飯が出てくるまでのツナギという事で。「〆虹マス」(975円)です。


f:id:yokohamamiuken:20190805222432j:image

 

普通の鮭やサーモンの刺身よりも、味が濃厚で美味しいですよね。濃厚な味の赤身ですが、トロッとした脂っ気がたまらない一品です。


f:id:yokohamamiuken:20190805222532j:image

 

釜めしメニュー、わっぱめしメニューなどいろいろありますが、まずは自分は「あゆ釜めし」(1835円)です。

あゆの産地などはまったく分かりませんが、なんとなく地の物であろうかという淡い期待を込めて。


f:id:yokohamamiuken:20190805222424j:image

 

セットの吸い物をプラス200円で青しそそうめんにできるので、してもらいました。

子供達はこれ!

 

f:id:yokohamamiuken:20190805222456j:image

 

釜の中は、あゆ・錦糸卵・ごぼう・にんじん・椎茸・人参・青味が入っています。

あゆは柔らかくて骨まで食べられました。ごはんの味付けもなかなか良いと思いますよ!


f:id:yokohamamiuken:20190805222545j:image

 

細君は「富士山麓豚の角煮釜めし」(1725円)にしました。

ヨーグル豚の角煮・錦糸卵・ごぼう・にんじん・青味が入っており、かなりガッツリしています。


f:id:yokohamamiuken:20190805222516j:image

 

角煮がトロトロで、しっかりと煮込まれておりへんに脂っこくなくて美味しいですよね。

四十路に入ってから、ふだんはなかなか角煮など食べませんが、これくらいの煮込まれ具合ならば食べられますね。


f:id:yokohamamiuken:20190805222419j:image

 

付け合わせの茶碗蒸しも、なかなか。

良い出汁を効かせています。


f:id:yokohamamiuken:20190805222406j:image

 

箱根はなかなか行く事がないですが、また機会があれば是非とも再訪したいと思います。

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

銀の穂釜飯 / 箱根その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.5