みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

中区曙町の「カレーハウス・キッチンY」でビーフカレー

鎌倉街道沿いにある、ごく小さなカレー屋さん。気のいいおばちゃんが切り盛りしています。

 

f:id:yokohamamiuken:20190404171109j:image

 

このお店は、以前は伊勢佐木町の方にありましたよね。一時期だいぶ通ったんですが、いつの間にか無くなっちゃったんだなぁ、と思っていたら、実は移転していて気付かずに毎日前を通過していたというね。

 

店内はカウンターのみで、注文は口頭注文です。チキンがよかったけど、品切れとのことで「ビーフカレー」(900円)お願いしまーす。

 

おばちゃんがニコニコしながら出してくれる冷たいお茶が嬉しいね!

ラッキョ、福神漬けもしっかり卓上にスタンバってます。

で、待つこと5分くらいでドッドーンと登場です!


f:id:yokohamamiuken:20190404171056j:image

 

キャベツのサラダもいっしょにね。


f:id:yokohamamiuken:20190404171100j:image

 

いや〜、やはりキッチンYですね!

トロリとしたコクがすごく美味しくて、これこれっ!!という感じがします。

辛さはないが絶妙な美味しさのルーなんだよね。


f:id:yokohamamiuken:20190404171052j:image

 

何でも牛骨、豚骨、鶏ガラ、果物など20種の素材を5日間煮込んでいるんだとか?

そこに8種のスパイスを加え、さらに2日かけて仕上げるんだとか?

そんなウンチクが壁に貼ってあるんだけどね、なるほどマズいわきやゃありませんやね。

 

ルーもたっぷり、牛肉はホロホロに煮込まれていて味もしっかり染みて、食べ応えは充分です。


f:id:yokohamamiuken:20190404171104j:image 

 

半熟のゆで卵も半分ついてきます。

食べる前は、カレーで900円は少し高いと思ったのは本音だけど内緒な!!

でもね、この量でこのクオリティ、さらにおばちゃんはスマイル0円の作られた笑顔じゃなくて、本当に人が良くてニコニコしてるしな。

これなら充分、価値がある一杯ですよ。

 

次回は是非ともチキンを食べに来ようと、食後にラッキョをかじりながらしみじみと思ったのでした。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

カレーハウス・キッチンYカレーライス / 伊勢佐木長者町駅阪東橋駅黄金町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7