みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

氷取沢町の「大おか」でワンタンメン

笹下釜利谷道路、上中里よりさらに南下したところにあるそば・うどん屋さん。

有名ラーメン店の隣にあります。

 

f:id:yokohamamiuken:20190220124724j:image

 

今や、こういったショーケースに見本を出す店って減りましたよね。

この辺鄙な場所にあって、駐車場もないのにずっと商売を続けてらっしゃるのですから、きっと地元に愛された実力店だと踏んだわけですよ。

 

しかし、車しか持ってなかった頃は路上駐車は性にあわないし、さりとて近隣にコインパーキングもない。そんなワケでなかなか行けずじまいでしたが、最近は交通手段が原付となりこういう店にもビシバシ行けるようになりました。


f:id:yokohamamiuken:20190220124729j:image

 

店内にはおかみさんが一人。

席は、小上がり4人がけ×3、4人がけテーブル×2、6人がけテーブル×1という構成で小ぢんまりしています。テーブルに置かれたメニューを一瞥。

そう、こちらはラーメンなども出しているお店なのです。

 

f:id:yokohamamiuken:20190220124750j:image
f:id:yokohamamiuken:20190220124740j:image
f:id:yokohamamiuken:20190220124746j:image

 

 

 基本的に良心的な価格帯なのでいろいろ悩んでしまったのですが、やはりここは最初から心に決めていた「ワンタンメン」(650円)でおねがいしまーす^^

 

f:id:yokohamamiuken:20190220124812j:image

 

 おお、澄んだ醤油味スープにナルトがのった古き良きタダシイ姿のラーメン(ワンタンメン)ですね。

 

まずはスープから。

おぁ、これはかつおダシかな。いかにもそば屋さんらしいダシ使いですね^^

あっさりながらコクのある醬油味に、そば屋さんらしいカツオのコクがキリッと効いており、このスープはついつい飲んでしまうキケンなスープですね!!

 

麺はシコシコなゆで加減。

中細で、わずかにちぢれた麺は量もしっかり入っており食べごたえは充分です。

 

f:id:yokohamamiuken:20190220124851j:image

 

ワンタンは、個々がくっついてしまっており個数は不明ですが、きっといっぱい入っているような気がします。 

具は豚肉がメインで、ピロピロとした皮が実においしいワンタンです。

 f:id:yokohamamiuken:20190220124835j:image

 

バラ肉のチャーシューは下味がしっかり、肉の旨味もしっかり。

少し濃い味だが、かなり美味しいチャーシューです。

他にはナルト、少ししょっからいシナチク、冷凍ではなくキチンとお店で茹でたほうれん草ですねー^^

 

f:id:yokohamamiuken:20190220124911j:image

 

おいしいスープでしたが、血圧を気にしてスープは残しました。

このお店はおいしいので、次回はそばを食べに来てみたいと思います。

 

 ↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

大おかそば(蕎麦) / 能見台駅洋光台駅京急富岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5