みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

蒲田駅西口の「你好 恵馨閣」で羽根つき餃子など

你好、ニイハオ。

蒲田は羽根つき餃子が有名な街ですが、その草分けともなった店で元々は中国残留孤児だった店主が、京急蒲田駅付近で店を開いたのが始まりであり、そのお店は今では本店となっています。

20年ほど前は本店しかなく、その本店もどこにでもありそうな街中華だったのですが、噂が噂を呼び雑誌でも紹介されブームとなり、蒲田のあちこちに支店を出すようになりました。

 

そのうちの一店が、こちらの「你好 恵馨閣」です。相変わらず何て読むのか分からない店名ですが、店内は本店からは想像もつかないようなファミレス風で、子連れでも利用しやすいですね。

注文もタッチパネルなので忙しそうな店員さんを大声で呼び止める必要も無いのが嬉しいです。

f:id:yokohamamiuken:20190113144431j:image 

 

まずは、「羽根付き餃子」(300円×2人前)。

さすが出てくるのが早い!カリカリな羽根と、モチモチな手作りの皮、さらにこれでもかと肉汁を噴きださせる餃子の餡。

これは、ぜひともパクリと一口で食べて頂きたい。肉汁が出てしまうともったいないからね!

f:id:yokohamamiuken:20190113144420j:image

 

「ライス」(200円)。

やはり餃子にはライスでしょう。量もたっぷりで食べ応えあり。通常ならば、このライスと焼き餃子だけで充分です。
f:id:yokohamamiuken:20190113144446j:image

 

こちらは細君所望の「フカヒレおこげ」(980円)。アツアツのおこげに、ジューーーゥゥと餡をかける瞬間がウリ。

おこげはカリカリモチモチアツアツで、下味しっかりの餡がきいていて美味。
f:id:yokohamamiuken:20190113144423j:image

 

「手打ち玉子麺と半炒飯」(1000円)。

こちらはラーメンではなく、ほぼウドンです。

柔らかめのウドン、塩ベースの淡白なスープに玉子たっぷりの野菜炒めが載っています。

玉子麺というのは、玉子を練り込んだ麺ではなく、玉子を具材に乗せた麺。

半チャーハンはなかなか美味でしたが、これなら「ラーメン」(350円)にしとけばよかったかな。
f:id:yokohamamiuken:20190113144435j:image
f:id:yokohamamiuken:20190113144443j:image
f:id:yokohamamiuken:20190113144427j:image

 

あと、食べてから思い出しましたが、この店は小籠包もうまいんですよ。

失敗したなあ。ラーメンと小籠包にしときゃよかった。

それでも。このお店は餃子は絶品だし子供達もお気に入りなので、また機会があれば利用したいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

你好 恵馨閣中華料理 / 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅
昼総合点★★★★ 4.0