みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

福富町の「青香延」で夫妻肺片や羊串ほか

24時間眠らない街、ハマの不夜城・福富町。その雑居ビル2階にある本格的な中国東北地方と四川料理のお店です。

 

外観の写真は撮り忘れましたが、中はテーブルと掘りごたつ式の小上がりがあり大人数でも利用はしやすそう。

実際に中国人グループがテーブルにたくさんの料理を並べて盛り上がっているのを見かけます。

 

f:id:yokohamamiuken:20181215202720j:image

f:id:yokohamamiuken:20181218172921j:image

 

まずは突き出し。塩ピーナッツ、キムチ、ザーサイです。

このキムチ、きっと業務用なんだけれど大好きでいつもお代わりしちゃいます。


f:id:yokohamamiuken:20181215202757j:image

 

ここに来たらチャミスル!・・・を注文したはずが、来たのはチョウムチョロム。少し安いのよね。

韓国の酒なんですが、辛い料理によく合います。


f:id:yokohamamiuken:20181215202715j:image
f:id:yokohamamiuken:20181215202753j:image

 

次に頼んだのは「夫妻肺片」(880円)。

牛のハチノスなどの内臓をすっぱ辛いスープであえ、パクチーやネギ、ピーナッツなどの薬味がかかっています。

今までいろんな店で色んな夫妻肺片を食べましたが、やはりここのが一番おいしいな!


f:id:yokohamamiuken:20181215202750j:image
f:id:yokohamamiuken:20181215202805j:image
f:id:yokohamamiuken:20181215202736j:image

 

次に頂いたのは「青香延餃子」(8個650円)。

なんだかすっぱ辛いタレと一緒に供されます。皮はモチモチな厚手で、いかにも手作りといった感じ。アンは柔らかで滋味深い豚肉と、ニラがしこたま仕込まれています。

この餃子は本格的なもので、餃子と言ったら水餃子!!な本場中国のレシピそのままだと思います。他に羊肉餃子などもあり興味深い。


f:id:yokohamamiuken:20181215202710j:image
f:id:yokohamamiuken:20181215202744j:image

 

「羊肉串」(塩味、延辺風味/1本130円)

このお店は串肉料理も充実しており麻辣大腸やサナギの串焼きなんてのもメニューに上がってるな。

今回は大人用に辛いのを2本、子供用に辛くないのを2本。親切丁寧にウイキョウや五香粉、ゴマがブレンドされたスパイスを出してくれます。そのまま食べても美味しいんですが、このスパイスを付けるとより本格的に!!


f:id:yokohamamiuken:20181215202733j:image


「清炖牛尾湯麺」(1080円)

牛テールスープのラーメンです。日本のラーメンよりも一味もふた味も違った感じ。

韓国のコムタンに麺とパクチーをぶっこんでしまったような。コムタン自体、今では韓国の料理となっていますが、もともとは満州地方の郷土料理だそうですから納得ですね。

野菜もたっぷり入って、牛テールもごろごろはいっていて食べごたえがあるしなにしろ体があたたまります。

 

このお店は店員さんも優しいし、お客さんもほぼほぼ中国の方が多い本格的な穴場です。このお店はまた足しげく通わせていただきたいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

青香延中華料理 / 日ノ出町駅桜木町駅関内駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5