みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

石川町の「ジェイハン」でトルコ料理いろいろ

こちらはJR石川町駅から徒歩3分くらいの路地にあるトルコ料理屋さん。この界隈はあまり歩かないんだけど、ちょっと小洒落た飲み屋さんとかがあってなかなか楽しそうだね!

 

店内はカウンターと、テーブルが2つ。

あまり収容人数は多くないですが、その分店員さんの目が行き届いておりイイ感じ。

客層も、話に聞き耳を立てれば海外それもアジア圏のウンチクばかりで、なるほどねぇと思う。

マスターはトルコ人ダンディーな男性で、あとは日本人の奥様かな?が手伝っている感じ。

 

f:id:yokohamamiuken:20181110204813j:image
f:id:yokohamamiuken:20181110204831j:image
f:id:yokohamamiuken:20181110204740j:image

 

まずは「ジェイハンオリジナルプレート」(2000円)です。

4種のディップ、トルコの白いチーズ、ブドウの葉のピラフ詰めというラインナップ。

フムスや辛い味付けの葉っぱなど、どれも新鮮な味というか?

味がハッキリ際立っていてなかなかイケます。

ブドウの葉のピラフ詰めは一度トルコ製の缶詰で食べて撃沈したのですが、このお店のは美味しい。日本人むけにアレンジしてある、という事なのかな。


これだけでは何なので、「ジェイハン特製焼きたてトルコパン」(1個300円)も注文しました。


f:id:yokohamamiuken:20181110204840j:image
f:id:yokohamamiuken:20181110204834j:image
f:id:yokohamamiuken:20181110204809j:image

 

こちらはかなりアツアツ!

ゴマを振ったチャパティという感じですが、しっかり中が空洞になっています。軽い気持ちでちぎろうとすれば、中からアツアツの熱気が吹き出して火傷するから注意したい!

パンはゴマの香りも聞いて香ばしく、食感もドッシリしていて食べ応えあります。


f:id:yokohamamiuken:20181110204818j:image
f:id:yokohamamiuken:20181110204801j:image
f:id:yokohamamiuken:20181110204746j:image

 

こちらは「ギョズレメ」(900円)。

生地の中にほうれん草とチーズをたっぷり入れたピザのようなブリトーのような。

持ち上げると、アツアツのチーズが糸をひいて良い感じ! チーズ好きにはたまらない、ペロリといける逸品です。

f:id:yokohamamiuken:20181110204736j:image
f:id:yokohamamiuken:20181110204704j:image

 

「本日の煮込み料理」(1600円)

こちらは豆と鶏もも肉をトマトベースのスープで煮込んだもの。鶏肉はブラジル産でしょうか。

こちらは美味しいんですが、1600円はコスパ的に微妙。

f:id:yokohamamiuken:20181110204717j:image

 

「イシケンデルケバブ」(1700円)
自家製パンにローストした羊肉、トマトソース、たっぷりのヨーグルト。アレキサンダー大王の大好物だったそうです。

トマトソースと羊肉の相性が良いですね!

飾らない酸っぱさのヨーグルトも良い。

ただし、こちらも1700円はコスパ的にどうでしょう。


f:id:yokohamamiuken:20181110204709j:image

 

こんな料理の数々が、テーブルを飾って。


f:id:yokohamamiuken:20181110204722j:image
f:id:yokohamamiuken:20181110204824j:image

 

美味しい飲み物で話に花が咲きます。

この内容で、だいたい8500円だったかな。4人で2000円ちょい?

これを高いと見るか、安いと見るか。

それは人それぞれですが、他ではなかなか食べられない珍しい料理が頂ける貴重なお店であることには間違いはないようです。


f:id:yokohamamiuken:20181110204756j:image

 

 

 ↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ジェイハントルコ料理 / 石川町駅元町・中華街駅関内駅
夜総合点★★★★ 4.0