みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

伝心寺(記念のしおり)(金沢区町屋町16-28)

伝心寺(記念のしおり)

  
住所:金沢区町屋町16-28

一言:大永元年(1521)小田原の北条氏繁が養拙宗牧(ようせつしゅぼく)大和尚を招き開山し、墓地中央には氏繁の墓碑がある。
延宝四年(1676)、この寺の伝海という若僧が海上安全を願って入定、即身仏となった。この入定塚は海の公園駅近くに現存する。
現在は地域の檀那寺であるが、堂々とした風格を備えた立派な伽藍をもつ。
しおりはお守りにもなっており、記念として御朱印と共に頂いた。