みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

歴史と民話とツーリング-相模原市

洪水の怖さを今に伝える 当麻の日枝神社(相模原市南区)

近頃開通した圏央道の相模原愛川インターチェンジの周囲は、最近まで農村地帯の風情を残していたが圏央道のインターチェンジ完成を契機に一気に発展が加速し、その栄えぶりはたいへんなものである。 その相模原愛川インターチェンジの東側も例外に漏れず田畑…

一代限りの豪商もんやと もんや稲荷の伝説(相模原市南区)

相模原市南区の下磯部というところは駅からも離れた閑静な住宅地であるが、磯部のバス折り返し場の脇にぽつんと稲荷社が佇んでいるのが見え、この稲荷社は地元では「もんや稲荷」と呼ばれて大切にされている。 江戸時代、この辺りには元々「もんや」という豪…

僧に化けたむじなと まんじ屋の話(相模原市南区)

江戸時代の終わりころ、上磯部の南のはずれに「まんじ屋」という屋号の酒屋(現在は川崎姓)があった。 そこに、鎌倉の建長寺の僧と称する一行が宿をとった。何しろ「した~に、した~に」という触れ声もいかめしく到着したものだから、同家では下へも置かぬ…

悲劇の姫君 貞心尼の哀話(相模原市南区)

JR相模線原当麻駅の東側、麻溝公園競技場は現在はギオンスタジアムと呼ばれて相模原市民に親しまれているが、その裏手の道路はスタジアムがあるなどとはにわかに信じがたくなるような山間の街道といったたたずまいを見せている。 その街道は下原やえざくら…

大角豆を作らなくなった 上磯部の城条家(相模原市南区)

相模原市上磯部には城条家(写真)という旧家が残されており、今なお相模川の流れがぶつかる崖の上にある。古くは城条城という城があったと伝えられているが、洪水のたびに崖はだんだんと浸食されて、いまはその面影はない。 この城条一家では、現在大角豆(…

もとは武士の庵 観心寺本堂の由来(相模原市南区)

JR相模線原当麻の駅から西に150メートル、原当麻駅入り口の交差点脇には観心寺という小さく目立たないお寺がある。 山号を聲音山という時宗の寺院で、本尊は聖観世音菩薩である。 この観心寺のあたりには旧家として松本家や中島家があるが、観心寺に縁…

小沢城から飛んだ矢 坂の上の法仙坊大明神(相模原市中央区)

相模線番田駅の西側に青々と広がる田名バーディゴルフ場の裏山には、河岸段丘の上に登っていく細い登り坂があり、これを法仙坊坂と読んでいる。 この坂を登り切ると畑が広がるところであるが、その手前の脇道に逸れると産業廃棄物処分場があり、その片隅には…

狸か狐が化かしたか 見上げる大きさ 見つめ入道の伝説(相模原市中央区)

相模原市上九沢の横山下にある鳩川谷の水源から始まり、下溝のあたりから相模川に流れていく小川を、「鳩川」と呼んでいる。 相模線の番田駅の東側に鳩川にかかる小さな橋があり、その名を「今橋」というが、このあたりにはかつて「見つめ入道」という妖怪が…

田名八幡宮の伝説 ばんばあ石とじんじい石とめかけ石(相模原市中央区)

相模線上溝駅から南西に進み、ヨークマートのある上田名をすぎると、相模川沿いに田名八幡宮という神社がある。 田名八幡宮は、延暦17年(798年)の創建と言われ、天地社(天地大明神)が元々の氏神だったのではないのかとも言われている。 江戸時代に…

哀れな稲荷の秘話と 忘れ去られし遊郭の記憶(相模原市中央区)

神奈川県を東西に分ける相模川の上流、相模原市と愛川町を結ぶ高田橋のあたりは初夏になれば数多くの鯉のぼりで飾られて、また週末ともなれば多くの親子連れや犬の散歩をしている人々でにぎわい、大変な人出である。 その高田橋のふもと、少しだけ住宅地に入…

古墳の古刀が祟ったか 谷原古墳と金山神社(相模原市南区)

圏央道相模原愛川インターチェンジの脇、相模原ポンプ場の裏道は、決して地元の人しか通らないであろう地味な道であるが、隠された歴史というのはこのような所にこそ潜んでいるものである。 かつて、この辺りには古墳群があった。谷原古墳群である。 現在は…

今なお残る おかしくも悲しい狸菩薩の伝説(相模原市中央区)

相模原市の水郷田名という町の、久所部落のはずれに、急な崖道を下るつづら折りの坂道があり、地元では火の坂下とよばれており、その木々の茂るうっそうとした雰囲気と、絶え間なく流れる湧き水は狸が住みつくには格好な環境である。 その坂を下りきると、せ…