みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

歴史と民話とツーリング

歴史と民話とツーリング

素戔嗚尊が一晩の宿を求めた 井ノ口の蓑笠神社(中井町)

東名高速道路の秦野中井インターチェンジの南側、上井ノ口バス停の脇に古式ゆかしく佇む、いかにも古社といった風格を思わせる神社がある。 これが蓑笠神社と呼ばれる神社で、祭神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)である。 この蓑笠神社の周辺を井ノ口と呼ぶ…

かつて湯治客で賑わった 川匂の湯場(二宮町)

二宮町立二宮西中学校の近く、西光寺の南側の路地のところに、道路脇に湧水が溜まっている一角がある。これを、地元の人は単に湯場、正確には「川匂の湯場」と呼んでおり、一見してただの水たまりのようにも見えるがれっきとした文化遺産なのであるという。 …

民衆の信仰いまなお篤い 和田町の和田地蔵尊(横浜市保土ヶ谷区)

相鉄線の和田町駅は、駅前に帷子川の静かな流れを望み、その帷子川を渡れば昭和の香りを色濃く残す駅前商店街が伸びて、人通りも多く活気に満ちた街である。 駅前の橋を渡ってすぐの所には風情のある居酒屋が何軒かあり、それらに挟まれるようにしながら、い…

男女が合わさり 子孫繁栄を願う国府津の男女相対道祖神(小田原市)

JR御殿場線に沿うようにして松田町と国府津を結ぶ、通称松田国府津線は地域の重要な連絡道路であり、生活道路として欠かせない存在になっている。 ここのあたりは昔からの街道が通っていたようで、山に沿うようにして小さな道祖神を見ることができるが、松…

春日神社より取り寄せた子孫 相州春日神社の神鹿(横浜市戸塚区)

横浜市戸塚区の俣野町というところは、どの駅からも実に遠くて交通が不便なところでありながら、かつて横浜ドリームランドというテーマパークが作られた歴史がある。 その跡地の俣野公園の脇に、いっそう秀麗で朝日に映える真紅の鳥居と本殿を誇るのが相州春…

戸塚の里を守り続けた 亀と蛇を連れた妙見様(横浜市戸塚区)

横浜市南部の戸塚駅から南側、戸塚公会堂や戸塚小学校をこえたところのマンションの一角に、竹垣で区切られた一角の中に石碑や蛇神像が並んでいるところがあり、ここは地元では「妙見様」と呼ばれて親しまれている。 脇には簡素な木札が建てられており、風雨…

イボ取りのお礼に とんがらしを頂いた地蔵さま(寒川町)

JR相模線の、宮山という小さな無人駅を降りて、長閑な農村地帯をしばらく歩いていくと相模国の一之宮としても著名である寒川神社に着くが、その社前にある寺院が龍寶山興全寺と呼ばれる古刹で、宗派は曹洞宗、本尊は釈迦如来像である。 この寺は、神社と寺…

旅人たちに道を示した 矢倉沢往還と善波御夜塔(秦野市・伊勢原市)

神奈川県を東西に結ぶ大動脈のうちの1本が国道246号線であるが、そのランドマークの一つとなっているのが伊勢原市と秦野市の境にある善波トンネルと善波峠である。 ここはかつて、矢倉沢往還と言って峠越えの街道であり、時代は令和となった現代にあって…

流転の旅を続けた 下溝八幡宮の不動明王(相模原市南区)

JR下溝駅から北東に200mほど行った鳩川のほとりに、天文年間の創建と伝承される下溝八幡宮があり、その祭神は応神天皇、その祭礼は毎年の8月28日である。 正確な創建年は明らかではないが、伝承によると溝郷が上溝村と下溝村に分かれた天文年間(1…

ミナト横浜の発展を作った 港湾労働者たちの供養塔(横浜市中区)

ミナト横浜は、今となっては日本有数の観光地であるが、その中でも赤レンガ倉庫やみなとみらいはとりわけ有名で、いつも多くの人が押し寄せる名所である。 その赤レンガの脇に、静寂の中にある小さな波止場があるが、こここそがいわゆる「象の鼻」であり、か…

日蓮上人修行の霊場 裏坂のお穴様(横須賀市)

横須賀市の中心部である米が浜通り、横須賀共済病院の裏手から深田台の丘へと伸びてゆくきつい坂を、息を切らしながら・・・原付で登っていくと「お穴様」と呼ばれて親しまれている岩窟がある。 この裏坂には、よく見れば「お穴様」を案内する小さな案内看板…

笹下の街を守り続ける悲運の鎮守 安房洲明神のアワノシさま(横浜市港南区)

横浜市営地下鉄の港南中央駅を降りて、駅前の鎌倉街道を南下していくと、ほどなく桜道坂上の交差点に差し掛かる。 その交差点を左に折れたところに上っていく急坂が桜道であり、かつての見事な桜の老木は横浜市によって伐られてしまったものの、新しい桜の木…

哀しき想いをそれぞれに秘めた 春日神社の人形供養(横浜市戸塚区)

横浜市戸塚区の俣野町というところは、どの駅からも実に遠くて交通が不便なところでありながら、かつて横浜ドリームランドというテーマパークが作られた歴史がある。 その跡地の俣野公園の脇に、いっそう秀麗で朝日に映える真紅の鳥居と本殿を誇るのが相州春…

絡み合う木が良縁を約束する 本牧神社の縁結びの木(横浜市中区)

本牧神社はかつて神仏習合の時代に日天、月天、火天、水天、風天、地天、梵天、毘沙門天、大日財天、閻魔天、帝釈天、羅刹天の仏説十二天を祀っていたことから本牧十二天社といって、いまの本牧マリンハイツの向かい、本牧十二天緑地のところに鎮座していた…

民衆の苦悩を一身に背負った 浄念寺の咳止め玄入坊(横浜市港南区)

横浜の副都心として発展も著しい上大岡の駅前を通る鎌倉街道を南下し、清水橋の交差点を過ぎて、藤ケ沢という交差点を右に折れていくと、さきほどの喧騒とはうって変わった静かな住宅街となり、また左手には農地や山林が広がるなど、昔の雰囲気をわずかにと…

令和の時代にも民の仏縁を求める 寒川西善院の握手大師(寒川町)

JR相模線の宮山駅からのどかな農村風景の中を歩いていくと、ほどなくして相模国の一之宮として名高い寒川神社にたどり着くことができるが、その社前にある静かなお寺が高野山真言宗の古刹である、霊信山・西善院である。 この西善院は、まだ神仏習合の頃に…

波乱万丈の人生 坂本龍馬夫人 龍子の生涯(横須賀市)

京浜急行のランドマーク駅、横須賀中央駅を降りると横須賀市屈指の繁華街である米が浜通りの入り口がある。 その交差点を入ってしばらく東へ歩いていくと、その名も「おりょう会館」という葬儀場があり、その門前には坂本龍馬の妻、お龍(おりょう)の胸像が…

時の流れを見守り続けた 白山社の跡と昇龍橋(横浜市栄区)

横浜市のほぼ外周をぐるりと囲むようにして走る環状4号線の、最も南側に近い栄区野七里のあたりに、八軒谷戸という交差点があるが、ここから少し入っていったところを流れる鼬川(いたちがわ)にかかる、実に趣のある石橋がある。 その石橋の脇には、崖から…

海に剣を投じて波浪を鎮めた 剱崎の由来(三浦市)

四季を通じて風光明媚な三浦半島は、農業と漁業の町でありながら観光にも力を入れており、特に遠洋マグロ漁業で名を馳せる三浦三崎の町には観光客目当ての店が軒を連ね、「三崎まぐろきっぷ」の販売も功を奏してか、週末ともなればたいへんな賑わいである。 …

娘を思った親の願い 西善院の花台地蔵尊(寒川町)

JR相模線の宮山駅からのどかな農村風景の中を歩いていくと、ほどなくして相模国の一之宮として名高い寒川神社にたどり着くことができるが、その社前にある静かなお寺が高野山真言宗の古刹である、霊信山・西善院である。 この西善院は、まだ神仏習合の頃に…

人々の生活を眺め続けた 地蔵坂の濡れ地蔵と不動尊(横浜市中区)

横浜の山手のあたり、いわゆる中村川から南側の一体は、古くから文明開化の先がけを担った外国人たちが住んでいた地域であり、また多くの坂や通りには名前がつけられて親しまれている。 そのうちのひとつに「地蔵坂」というものがあるが、これは坂の途中に「…

遠く離れた横浜で事故に見舞われた ナチスドイツの海軍将兵たち(横浜市中区)

横浜の外人墓地といったら、主に山手外国人墓地と根岸外国人墓地がある。 山手外国人墓地は「港の見える丘公園」や「アメリカ山公園」、「水屋敷」などからも近く、綺麗に整備されて観光名所にもなっているものの、根岸外国人墓地の方はうっそうとした木々に…

浦賀道の往来を見守った 大津の砂坂地蔵(横須賀市)

京浜急行の、浦賀へと向かう本線(なかば支線扱いであるが)と、三崎口へと向かう久里浜線が分岐するところ、大津の里は潮風が香る海沿いの町で、普段は実に閑静な住宅街である。 国道134号線、ローソン 横須賀大津店の脇を入っていく道がかつて浦賀道と…

帰らぬ夫の帰りをいつまでも待ちわびた 若妻の愛の地蔵尊(大磯町)

JR東海道線二宮駅の北側2.5キロのところに「富士見平」というバス停があるが、ここまでくれば人家はまばらで、周囲は見渡す限りの農村が広がるのどかなところである。 この、富士見平のバス停の脇にはひっそりと開けた台地があり、その奥には目立たない…

多くの人の病を癒した 霊泉の出た菊水観音堂(横浜市保土ヶ谷区)

JR線の保土ヶ谷駅を降り、東海道を西へ下ってしばらく行くと、保土ヶ谷本陣の跡の碑が残る。 そのさらに先にある路地を入っていくと、車が1台通るのがやっとという細い路地の奥に、瀬戸ヶ谷の八幡社が静かな雰囲気のまま残されている。 この瀬戸ヶ谷の八…

失意のままに失われた 燃える恋と実方の塚(横浜市戸塚区)

戸塚の倉田小学校の北方に、最近比較的新しい新道が開通した。 現在は、この新しい新道を多くの車が通り過ぎていくし、方々はガードレールで囲われており、これからもますます道は広がり、やがて住民の生活や物流にはなくてはならない大動脈へと変わっていく…

高座豚の祖となった ベンドレーバグルボーイ2世号記念碑と畜産供養塔(寒川町)

JR相模線の、宮山という小さな無人駅を降りて、長閑な農村地帯をしばらく歩いていくと相模国の一之宮としても著名である寒川神社に着くが、その社前にある寺院が龍寶山興全寺と呼ばれる古刹で、宗派は曹洞宗、本尊は釈迦如来像である。 この寺は、神社と寺…

源頼朝の逃避行 しとどの窟と岩海岸(真鶴町)

神奈川県の西端にある真鶴半島は、秀麗富士や箱根を望む相模灘に突き出した小さな半島で、自然は豊かに潮風も薫る風光明媚なところであるが、その付け根の真鶴漁港の脇に小さな赤い橋がかかっているのが見てとれ、これこそが源頼朝を守った「しとどの窟」と…

終戦直後の悲哀を語る 根岸外国人墓地に葬られた嬰児たち(横浜市中区)

横浜の外人墓地といったら、主に山手外国人墓地と根岸外国人墓地がある。 山手外国人墓地は「港の見える丘公園」や「アメリカ山公園」、「水屋敷」などからも近く、綺麗に整備されて観光名所にもなっているものの、根岸外国人墓地の方はうっそうとした木々に…

異国の地で離ればなれとなった 妻に会いに来た侍の亡霊(三浦市)

江戸幕府の権勢にもかげりが見え始めた江戸幕府の末ごろの時代、4隻の黒船が来航したのを契機として、徳川幕府は江戸湾防備のために三浦半島の海岸線に沿って彦根藩、会津藩、川越藩、忍藩からなる各藩士を集めては、陣屋と台場を築かせて江戸湾防備の任に…